噛み応えにヒントがある。

猫の好物という観点で見ると、

やっぱりずっと立て続けに食べても飽きずに食べている、

というものが好物だと考えます.

そうなるとやっぱり肉よりも魚の方が軍配が上がるようです.

そしてこの前も調べてみたとおり、干した魚と生の魚とだったら

どちらの方が良いかといいますと、

これに関しては差がないということでした.

好きなものなら何でも良いという感じだといましたが、

本当においしいもんなら毎日でも食べ続ける.

これがいいなら、ずっといけるといった感じでした.

そしてその中でもよくわかったことがありました。

ほどよい噛み応えのある感じが良いというものを

選んでるような気がします.

サクッと食べれるものはあまり好きではないと言える感じがしました.

やっぱりちょっとした歯ごたえが必要なのかなと思います.

こういうところはすごく気ままなんだなと思いました.

これもやっぱり好みなので仕方がないのかなと思いますが、

ちょっとした発見だと思いうれしくなりました.

魚の場合は?生?

先日は肉のことについて書きました.

猫が喜んで食べるということを書いたと思います.

では魚の場合はどうかというと

魚の場合でも同じことが言えるのではないかと思い調べてみました.

ところが魚の場合はそれほどでもなかったようです.

つまり、肉ほど差が出たわけではないと言う事です。

めざしなど喜んで食べていましたし。

生魚もそれでも普通に一緒に食べていました.

こういうところから猫は魚が好きだというイメージができたのではないかなと考えました.

どちらかというと、安いような魚の方がこのんで食べているような気がします.

キャットフードでうられているものは、

どちらかというと高級魚のイメージがありますが

ねこはそこまでじゃないようですね.

人間がきめた経済的な価値観ですから、別にそういうわけではなくもとりあえずただ安くておいしいものなら何でも良い・・・。

そんな感じがネコからかんじました。

もっと調べればきっと好んで食べる魚も決まってくるような気がします.

生肉も調査の一つに。

猫は何の肉が好きなのかとか

魚かどちらが好きなのかとか

いろいろ比較してみて好きなものを探したりしてきました。

しかし、もう一つ検討しなければならないことがありました。

それはお肉でもほしたお肉がいいのか、

それとも生の方がいいのかということですが、

相対的には生の肉の方が喜んでくれるようです。

犬と違って歯を鍛えなければいけないみたいな行動は猫の場合はしません。

干し肉はあまりっていう顔をする猫もいますし、中にはペロペロと舐めているだけというのもあります。

舌のざらざらとした感覚を生かすためにも、やはり生の肉の方が最適なんでしょうね.

こういうところうを見ると、好物というよりも、本能的な反応のような気がしますが。

もっとこれからも観察していきたいと思います。

生肉もいろんなタイプがありますので、

調べれば調べるほど面白い結果がわかるのではないでしょうか.

一言で好物と片付けられないということもここでわかると思います。

 

好物はこれから探す。

自分のところでかっている猫であっても、

よそ様のお猫であっても、

何だか本当にねこというのは自分勝手で

好きなものがそれぞれ違うので困ります.

魚が好きであったり肉が好きでやってるのですが、

本当にやり彼らは何を考えてるんだろうと思います.

一言理由は好みと言いたいのですが、そうではなく、

単純にかってなものだと思います.

ですので、好物だけを探すと言われても

はっきり言ってイライラするだけなんですよね.

だって今までこれが好物だと思っていたものが

あくる日に急にそっぽを向いてしまったりなど日常茶飯事です.

嫌いじゃなかったのか.いや好きじゃなかったのかな

この繰り返しです。

こんなところで愚痴っても仕方がないのですが

とにかくもっともっと共通した猫の好物というのものを調べてみたいと思います.

まだ見つかっているものは沢山あるかもしれませんし、

オーソドックスなものを紹介するかもしれませんが、

どうぞお付き合い下さい。

より良いサイトを目指します。

こんな魚の食材まで。

この前サメの肉を使ったキャットフードを見つけました.

確かにサメって・・・となりますからね.

ちょっと最初はおや?と思ったものもありました.

でもよくよく考えてみると、我々がフカヒレを食べているのと同じように彼らにとってもこれもおいしいものなのかもしれません.

ただ私たちもサメに関しては、フカヒレつまりサメのフカの部分を食べているという事にはなりますが、他のブイをたべているわけではありません.

ねこちゃん達にはその他のブ部位の分をだしているのかもしれませんね.

それがおいしいかどうかというと疑問がわきますが、しかしそれをキャットフードとしてうられているという事は、何かしらエサとして成立するという事なのでしょう.

そして肝心の食欲はどうかというと、ペロペロとなめただけで、あまり欲しがりませんでした.

もしかしたら魚が好きなねこの方なら、それが自分の口に合ったかもしてません.それでもあまり気に入ってはなかったかもしれませんね.

長寿のネコがすきなものはなんと・・・。

世界のねこの話なのですが、猫の好物として挙げられたものの中で珍しいものとしては、ベーコンアンドエッグというのもありました.

こういったものがすきな食べ物と考えると、

外国らしいなと思うときがあります.

その猫はなぜ好物としてそういったものをあげられたかというと

世界一長生きした猫だからということらしいのです。

他にもアスパラガスやブロッコリなども食べていたというのですから驚きですよね.どうしてもねこというと、肉食のイメージがありますが

野菜も食べていたというのがかわいらしいところです.

しかも肉や魚の中でも特に美味しく食べていたというのがうさぎだというのですからこれもまた驚きですね.

ねずみを食べるというイメージがありますが、その地域でウサギがよく取れるという事ですから、そのウサギを食べる猫ということらしいです

ところ変われば本当にたべものも変わるというのは、今までブログでも書いてきました.長寿猫としても同じことが言えるんですね.

珍しいから好きなのかな。

地域によってイノシシの肉と羊の肉とか、

そういったものがキャットフードとして売られているものもあります.

その地域で育った猫ちゃんたちはそれらを食べて

すくすくと大きく育っているようです.
都会ではあまり見ることのできないキャットフードなので

珍しいものとして与えてみると、やっぱり喜んで食べますね.

どちらかと言うと、肉が好きな猫ちゃんにとってはこれらのキャットフードを美味しそうに食べるのです.

お魚の好きな猫ちゃんにとってはちょっと抵抗があるかもしれませんが、

それとも恐る恐る食べている姿を見ると、やっぱりこれも好きなのかなと思ったりします.
毎回あげると、途中でいやになるとおもいますが、

たまにあげるとやはり珍しいので、よろこんでたべてくれるようです.

そして不思議なことにこれを挙げると次の日はいつものキャットフードが恋しくなるのか.ガツガツとたべてくれるので面白いなと思います.

すきなのか嫌いなのかネコはよく分からないですね。

猫の本音は一体どこに。

猫に何が好きかと問い詰めると

あれでもない.これでもないと。

いうより、これがいいって言ってるのですすめてみると

いやいやそんなものは違うというかんじ。

で、これはどうなのと置いてみたものの、その方が本来は欲しがってなかったものなのに、カリカリと食べているという訳です。

天の邪鬼な猫だからこそ、どういったものが本当にいいのか.見当がつきません.
でも沢山の猫を対象にすればそんなこと言ってられるはずです。

そこで、数匹の猫を飼っている友達のところに行ってお肉が好きなのか魚が好きなのか、、調べてみると、

気持ち良いぐらいに半分にわかれたのでびっくりしました.

やっぱり肉の好きなねこもいるし、魚の好きな猫もいるのですが、驚いたことに、統計を取ってみると

次の日にはこの肉が好きだった猫は魚の方に、魚のスキだったねこは肉のほうにいってるわけですから、やっぱり統計を取ることはできないなと思いました.

もっと調べてみないと本当に好きなものはわからないものですね.

珍しいものを探しているわけじゃないけど。

ムシは前に書きました。

肉や魚は基本ですし、野菜なども当然といえば当然で。

何も珍しいものを探すというコーナーではないのですが、

表示されているものにどうしても目が行ってしまいます。

こういうことをしていると当然なんですけどね。

さて、じゃあ変わったものが有るのかといいますと、今のところはそれほどでもという感じですかね。

そんなにすぐに見つかるものではないと思いますが。

ただ、少し変わったところでは、ちょっと高級な食材で蜂蜜入りというのがありました。

だから何といわれそうですが、動物の食べ物ではちみつというのは少し珍しいかなと思いました。

甘さを引き立たせる意味でしょうかね。

よくわかりませんが。

まあとにかくこれを入れることで高級感は確かにありますものね。

では肝心の食欲はといいますと、これがまたなかなかよいのです。

動物も良く知っているのでしょうか。

いい食材を使ってくれているなとかんじているのかもしれませんね。

 

主食が虫?

前にどこかの国か忘れましたが、

その国の猫ちゃんたちがこぞってたべているものがありました.

キャットフードなのかなと思って見てみると、

何と虫のかたまりのお肉だったのです.

むしに肉があるかどうかわかりませんが、

それを食べているのをみたときびっくりしました.

日本ではびっくりするかもしれませんが、

無効では主食として虫を食するされるというのは

人間にとっても当たり前のことですし

貴重なたんぱく源です。

猫ちゃんたちもこれを食べるのは決して間違ってるわけではありません.

当然のことだと思います.

しかし、これがキャットフードの中に

ふくまれていると思うと

ちょっと引いてしまうなあと思います.

実際にキャットフードに入ってるわけではなくて、

食べてるのはむしだったわけですから。

主な食として食べている民族というか

人間がいるということは

猫ちゃんたちもそれを食しているのか

ということをおもうとちょっと考え込んでしまいます.

もし人類に食糧不足が訪れるとするなら

これが主食になって今ここに書いてあるブログも

何を書いているんだと言われることもあるんでしょうね.