マタタビの正体

猫にマタタビを与えるとどうなるのかというと、その猫によって違うんです。ヨレヨレになってしまう猫もいれば、ゴロゴロと転がってしまう猫もいます。

中には走り回ってしまう猫もいれば、じっとおとなしくなって動かなくなってしまう猫もいます。

実は、専門的な言い方なのですがまたたびの中にはマタタビラクトンという成分が含まれているのです。それによって、どうなるのかというと、人もねている間に歩き回ったりするのと同じ状態になるのです。

反射神経というかその機能を麻痺する作用があるんですよね。極端に言えば、麻薬をうっているのと同じ状態になって来ている状態ですよね。

だからラリっているのとおなじ状態ですよ、ある意味。これは別に、この猫だからというわけではなくどの猫でも全体に同じ事がおこるといえるのです。

ある意味、猫もこういう感じで変になるという意味でよく使われる言葉となっていますが、科学的にも実証されていますので、とても怖い物だと言えますね。