狭いところを好む

食事ではなく違うところの観点で何がすきかということを追求してみたいと思います。実はねこというのは、丸まってねていると思いませんか。

丸まって寝ているということは、その状態が一番リラックスできるという事。それを考えてみると、ねこというのは自分が丸まった時に同じぐらいの大きさの入れ物があると一番喜ぶわけです。

つまり、自分が枠の中にぴったりと収まるようなものが1番いいわけです。時には少し小さいのではないかと思うようなものであっても、みずからわざわざ飛び込んでいくわけですからよくこんな狭いところが・・・とおもうでしょう。。

理由として、なぜこういうところを好むのかですが、狭い方が安心するのか、外敵から襲われることを回避するという意味なのか。

ここももっと追求していかなければならないところですが猫はとにかく狭いところが好きなようです。

仔猫などが重なって寝るのも、こういうところから来ているのでしょうね。