噛み応えにヒントがある。

猫の好物という観点で見ると、

やっぱりずっと立て続けに食べても飽きずに食べている、

というものが好物だと考えます.

そうなるとやっぱり肉よりも魚の方が軍配が上がるようです.

そしてこの前も調べてみたとおり、干した魚と生の魚とだったら

どちらの方が良いかといいますと、

これに関しては差がないということでした.

好きなものなら何でも良いという感じだといましたが、

本当においしいもんなら毎日でも食べ続ける.

これがいいなら、ずっといけるといった感じでした.

そしてその中でもよくわかったことがありました。

ほどよい噛み応えのある感じが良いというものを

選んでるような気がします.

サクッと食べれるものはあまり好きではないと言える感じがしました.

やっぱりちょっとした歯ごたえが必要なのかなと思います.

こういうところはすごく気ままなんだなと思いました.

これもやっぱり好みなので仕方がないのかなと思いますが、

ちょっとした発見だと思いうれしくなりました.

魚の場合は?生?

先日は肉のことについて書きました.

猫が喜んで食べるということを書いたと思います.

では魚の場合はどうかというと

魚の場合でも同じことが言えるのではないかと思い調べてみました.

ところが魚の場合はそれほどでもなかったようです.

つまり、肉ほど差が出たわけではないと言う事です。

めざしなど喜んで食べていましたし。

生魚もそれでも普通に一緒に食べていました.

こういうところから猫は魚が好きだというイメージができたのではないかなと考えました.

どちらかというと、安いような魚の方がこのんで食べているような気がします.

キャットフードでうられているものは、

どちらかというと高級魚のイメージがありますが

ねこはそこまでじゃないようですね.

人間がきめた経済的な価値観ですから、別にそういうわけではなくもとりあえずただ安くておいしいものなら何でも良い・・・。

そんな感じがネコからかんじました。

もっと調べればきっと好んで食べる魚も決まってくるような気がします.